猫がストレスでスプレーをしていました。

猫と一緒に暮らす上で、困ったことの一つに、スプレーをいう臭いにおいのおしっこをかける行為があると思います。
我が家でも、ボス猫のスプレー行為には大変困っていました。

最初は、玄関にスプレーするようになり、テレビ台や段ボールと範囲が広がり、最終的にはガスコンロにまでするようになり、本格的に対策を講じないとと思いました。

まずは、徹底的に猫のトイレをこまめにすることにしました。
次に、動物病院で購入した、マーキング防止スプレーを、特にスプレーして欲しくない場所に吹きつけてみました。
しかし、全く効果はありません。
次に、アルミホイルをスプレーする場所に貼っておくと、猫が音にびっくりしてスプレーしなくなるとの口コミを見て、実践したのですが、これは余計にストレスを与えてしまったようで、逆効果になってしまいました。

そこで、一番のストレスは何だろうと思った時に、気がついたのが、家の窓から見える猫の存在です。
近所の猫が、我が家に猫がいるのが興味津津らしく、いつも家の塀の上から、我が家を覗いていたのです。
ボス猫は、その猫が来ると、イライラして家中を興奮したように走り回っていたのです。
その猫が家に来ないようにするのは無理があるので、我が家の猫からその猫が見えないようにしました。
その方法とは簡単です。
近所の猫が来る側の塀のある側の雨戸を閉めておくのです。
と言っても、近所の猫はその家の人が日中仕事に行っている時間帯には自宅にいるらしく来ないので、来そうな時間帯のみですが。
休日なんかは、雨戸を閉めっぱなしだと近所の手前恥ずかしい気もしますが、これで猫のスプレーが収まってくれるならば良しとしようと続けた結果、数か月かかりましたが、ようやくスプレーが改善することができました。

コメントは受け付けていません。